ねこっちゃの聞いた怖い話

 

「偶然の話」


     

偶然ってありますよね。たまたま同じような出来事が重なったり、初めて出会った人が自分と似たプロフィールだったりで、そんなのを縁を感じるなんて言ったりもしますけど、ちょっと怖い偶然の話を聞いたことがあって、これは僕の好きな稲川淳二さんがテレビで話してた話なんですけどね。

ある二人の人物がいて、この二人を仮にAとBとしますが、特に面識もなかったはずの二人が初対面でもって何故かトラブルになり、とっさにAがBを殺してしまったそうなんです。Aは警察に逮捕されたんですが、衝動的とはいえ、いくらなんでも初対面で何故殺してしまうことにまで発展してしまったのか。

これはAの取り調べをした警察の方が調べてわかったことなんだそうですが、二人の身辺調査をしてみたら、なんとBのお祖父さんがAのお祖父さんを何かしらのトラブルでもって殺してしまったという過去が発覚したそうなんですね。しかしAとBは互いにそんな過去があったことなんて知らなかったっていうんです。因果は巡り巡るといいますが、まさにそんな因縁めいたものを感じる話ですよね。偶然といえばそれまでなのかもしれませんが、実際にそんなことがたまにあるそうなんです。

実は僕自身にも怖い話ではないですが、この記事を書いた2016年にはそんな不思議な偶然や縁を感じる出来事がいくつかあったんですよ。

私は映画を見るのが趣味で、普段から映画館に月2~3回くらいのペースで観に行くんです。昨年2016年の夏は「シン・ゴジラ」と「君の名は。」の2作の映画が社会現象と云える大ヒットしていたんですが、そんな中、インターネットでは「シン・ゴジラ」と「君の名は。」の不思議な因縁が話題になっていたんですよ。なんでも初代「ゴジラ」が公開された1954年にも「君の名は」というタイトルの映画が公開されていて、この年の興行成績を両作が争っていたというんですね。

ちなみにこの年は「君の名は」に軍配が上がったそうなんですが・・・。もっとも1954年の「君の名は」は2016年の「君の名は。」とはタイトルが同じなだけで、全く関係のない作品なんですが、奇しくもまた「君の名は。」というタイトルの映画が「ゴジラ」映画と同年に公開されて話題になっているというんですから、まぁ、些細なことかもしれないですが不思議な偶然もあったものですよね。

もう一つこれは偶然というか縁を感じた話なんですが、2016年は私の姉の結婚した年でした。姉の旦那さんはシンゴさんという方なんですが、三人兄弟の末っ子で上にセイジさんというお兄さんと、その上にもう一人、今はもう亡くなられてしまったそうなんですが、マコトさんというお兄さんが居らしゃったそうなんです。

ここで偶然なのが、私の父のお兄さん、伯父の子ども、つまり私の従兄弟も三人兄弟で、一人目がマコトさん、二人目がセイジさん、三人目がシンゴさんというんですよね。本当に偶然、名前も順番も同じだったということがあったんですよ。何とも縁を感じる話ですよね。もちろん従兄弟の方たちにも結婚式に参加してもらったんですが、そんなエピソードがあったので、一堂に会したときは親戚みんなで「いやぁ不思議な偶然もあるもんだなぁ~」と話してたんですよね。

偶然といえばそれまでなんですが、やっぱり世の中にはそんな巡り逢わせってあるのかなって、そんな風に感じる出来事でしたね。



GO BACK


inserted by FC2 system